子ども好きなら保育園

 看護師の転職先の1つに保育園があります。
保育園では、園児の健康状態、食事や遊びによる衛生管理の確認はもちろんの事、ケガをしたり具合が悪くなったりした園児への対応や、必要受診時の付き添い、また園内で行われる内科健診や歯科検診のサポートなんかもあるといいますから、その仕事は病棟看護師というよりは、どちらかというと学校で働く保健室の先生に近いかもしれません。
保育園というのは、民間が行う幼稚園に比べればいくらか預かってくれる時間や休日に融通性があり、その上月々の料金も安いという利点があります。そこで、共働きや核家族化が進む現代ではこの保育園に預けるという人が数多くいるのです。
が、やはりその預かりには限度があり、風邪やインフルエンザのようなものにかかった園児は速攻で帰宅を余儀なくされるという事がほとんどです。
その為、この病気にかかった園児、すなわち病児を看てくれる病児保育を行ってくれる園や施設というのは、とても重宝されニーズが増えてきているといいます。

そこで最近出来た新しい資格が“認定病児保育スペシャリスト”です。
 この資格を持っていれば、病児保育施設はもちろん、保育所でも体調を崩した子を保護者が迎えにくるまで預かる事が出来ます。また、病児専門のベビーシッターなどとしても活かす事ができ、今後介護関係に続いて最もニーズが高まる資格になってくるといえるのではないでしょうか?
取るためには、特に保育園での経験はいらないといいます。その代わり、規定の講座を受講し筆記試験に合格、実際に病児保育での実技講習を受けて認定試験に合格する事が必要になるといいます。
その為、特に子育てが一段落したお母さんたちが取るという事が多く、自身の子育てでの経験+資格取得時に得た知識を存分に生かすといった方が多いようですね。
子どもが好き、という方はもちろんの事、ちょっとブランクがあり小児科で働くほどの元気はないといった方にとっては、この保育園という場所はとてもいいかもしれません。

 脱少子化を目指せといわれても、育てられる環境が揃っていない。それが世のお母さん達の本音です。
しかし、その願いを叶える為の人員が揃っていないのもまた事実。もし、この記事を見てちょっとでも心が動いたというのならば、保育園で働いてみるというのも頭に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です