老人ホームでの業務

高齢化社会になっていくにつれ、多くなってきたのは老人ホームやデイサービスなどの老人のための施設です。
もちろんその現場で勤務するスタッフは介護士ですが、寝たきりの方や、常に医学的管理が必要な方もいるため、看護師が常駐している施設もあります。
特養と呼ばれる特別養護老人ホームでは常時看護師の配置が義務付けられていたり、その他の有料型老人ホームなどでも24時間完全看護のところもあるため、こういった老人介護施設などでは看護師は大変重宝されます。
しかし勤務体系は一般の病院などとさほど変わりはないです。仕事内容は多少異なった部分があり、医師が常駐していない施設などでは、入居者の服用する薬の管理や必要に応じて医師の指導に基づく応急処置、手当、介護師の方の支援などをします。看護師でも、特に介護が必要な方には、食事の介助もしますし、入居者とのコミュニケーションをとるために、楽しくレクレーションをしたりもします。
大きく違うのは相手にするのは患者ではなく、老人ホームの入居者なので、具合がよくない人もいれば、いつも元気な人もいます。なので、一人一人の毎日の変化などを見守り、観察し、気付くことがとても重要になって来るということです。
それに看護師が主体の職場ではないため、他の介護士やケアマネ、栄養士などとの連係プレーが必要です。医療の面では立場が上だとしても、介護の現場なのでメインは介護従事者です。どちらの立場が上とか下とか関係なく、お互いが尊重し合って入居者の方が過ごしやすいような環境にしていく努力が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です