医務室ではたらく

そもそも医務室とは公共や民間の施設の中で、医師が勤務し医療行為を行う場所(部屋)のことを言います。
「医師が勤務をする」というところが重要です。医師が勤務しない場合、例えば学校の中で保健師しかいない部屋は、医務室ではなく保健室と呼びますよね?つまり医者がいない場合は医務室と言う言葉を法律上、使えないのです。
医務室=医者がいる。ならば当然看護師も勤務しています。実際に医務室看護師というのは、普通の病院勤務の看護師よりも人気が高いのです。
それに、医務室と一口に言っても、企業や、レジャー施設、テーマパークに、大学、空港など様々な場所に存在するわけですから、求人は意外と多かったりします。
しかし、この医務室看護師には、看護師以外の能力、例えば空港だったら最低限の語学力だったり、企業などでしたら、データの管理や入力といった業務も含まれますので、パソコンのスキル、テーマパークなら、それに加え、高いコミュニケーション能力など、そういった点も採用条件に含まれてきます。
また、万が一の事故や、病気が発生した時の対応力なども必要になってきますので、特に救急看護師経験者などはかなり優遇されます。ですからある程度病院で経験を積んでからの転職がいいでしょう。また医務室では少人数で現場をまわしていかなければならないため、一人だけになる場合も多々あります。その時の適切な判断力なども大変重要になってきますので、人気で募集が多いと言いましても、病院に転職するのとは違い、少しハードルが高いのも頭に入れて、自分の知識・経験・スキルにあった医務室を見つけるべきですね。病院によっては、資格取得やスキルアップのための研修などを支援しているところもあります。こういった待遇面の情報は看護師の求人に記載してあります。様々な補助があるところが多いので、スキルアップするために転職することも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です